news blog

電撃大王で連載された『百花繚乱 戦国乙女 -カラクリ騒動編-』。
全6話を1冊にまとめたコミックスが3月27日に発売となります。

時は戦国の世、一騎当千の力を持った美しくも屈強な女性武将
――“戦国乙女”たちが互いに覇を争っていました。
豊後の戦国大名・大友ソウリンと、その家臣にしてカラクリ人形の立花ドウセツは
ある人物との出会いから大きな陰謀に巻き込まれていきます。
それはドウセツの出自にまつわるもので……。

「戦国乙女」シリーズのキャラクター中でも屈指の人気を誇る
ソウリン&ドウセツを主役に描かれる、戦国乙女10周年記念コミックです。
ぜひご注目ください!!

物語の始まりは、なんとソウリンと織田ノブナガの決闘から!

ノブナガの酒宴に招かれたソウリンは、
酔った勢いでノブナガと決闘の約束をしてしまっていたのです……。

▲美味しいお酒をたしなむうちに、どんどんハメを外していった結果……。

 

いやいや決闘に臨むソウリンに業を煮やしたノブナガは
必殺の大技を仕掛けます。

間一髪、ドウセツが身を挺してかばったことでソウリンは無事でしたが、
ドウセツは手ひどい怪我を負ってしまいます。

 

▲追い打ちをかけるように、ノブナガから厳しい言葉が……。

後日、尾張から豊後へ戻ったソウリンは
モトチカ、モトナリらと酒を汲みかわしつつ
決闘のことを愚痴ります。

豊後でもやっぱりお酒……。

そこへ予期せぬ
ふたりの来訪者が現れて……?

▲来訪者のひとりは宣教師のフランシス。キリシタン大名であるドウセツとは親しい仲です。

 

▲そしてフランシスが連れてきた、もうひとりの来訪者。ドウセツと瓜二つな彼女の正体は……?

 

そして、この出会いを契機にソウリンとドウセツは
ある組織の陰謀に巻き込まれていくのです!

本コミックで初めて明かされる設定も満載。
お色気あり! バトルあり!
数多の戦国乙女たちが入り乱れ、
10周年記念に相応しいお祭り騒ぎとなっている
『百花繚乱 戦国乙女 -カラクリ騒動編-』は
3月27日、全国書店にて発売です。
どうぞお手に取ってたっぷりご堪能ください!!

 


一部店舗では、コミックスをご購入いただいたお客様に
特典をプレゼント!

ゲーマーズ/ブロマイド


とらのあな/イラストカード

 

ワンダーグー/ポストカード

※店舗特典はなくなり次第終了になります。
※配布方法は店舗によって異なる場合があります。
※一部店舗のみで実施の場合があります。詳細は各店舗のHPをご確認ください。

 


 

【書誌情報】


電撃コミックスNEXT
『百花繚乱 戦国乙女 -カラクリ騒動編-』
原作:平和
脚本構成:白組
ネーム構成:七桃りお
作画:八幡


発売日:2019年3月27日
定価(本体620円+税)
発行:株式会社KADOKAWA

 

(C)SHIROGUMI INC./七桃りお・八幡/原作:HEIWA

最近の投稿

カテゴリー

月別

Twitter

電撃大王新人発掘プロジェクト 電撃大賞 コミック電撃だいおうじ 電撃萌王 電撃屋 電撃メンバーズ会員募集中!コピー商品(非ライセンス商品にご注意ください