news blog

本日発売となった、電撃大王5月号の付録は「『魔法科高校の優等生』お兄様、お知らせですよペンシルボード」!!
吹き出し部分にメッセージを書き込むと、深雪がまるでお知らせしてくれているように見えちゃうんです!
今回はその便利な使い方を伝授しちゃいます。

 

【基本テク1】メッセージを書くときはえんぴつ・シャーペンでやさしく書こう。

20150327_01a

このペンシルボードは何度でもメッセージを書いて消せる特別製!
メッセージを書くときはえんぴつやシャーペンで、跡が残らないようにやさしく書くのがポイントです。
(HBよりもやわらかい芯に対応しています。
H以下の固い芯になると傷が残りやすく、消えにくいので、おススメできません。)
インクのペンでは消えなくなってしまうので注意!

【基本テク2】メッセージはキレイに消そう。

20150327_02a

ペンシルボードが汚いままだと、何が書いてあるのかわからなくなることも。
不要なメッセージは消しゴムでキレイに消しちゃいましょう。

 

【実践テク1】日常のさりげない伝言を可愛く残そう。

20150327_03a

いつものメッセージも、深雪さんに言ってもらえる(気がする)ので
ちょっぴり新鮮に感じられるかも。

 

【実践テク2】他人に直接言いづらいことを書こう。

20150327_04b

友だちや上司などにちょっと言いづらいことがあるときは
代わりに深雪さんから伝えてもらいましょう。
可愛い深雪さんからのお願いなら、きっとOKがもらえるはず!?
※効果には個人差があります。時には自分の口で相手に伝える勇気も必要です。

 

いかがでしたか?
飾ってキレイ、使って便利なペンシルボードがついた電撃大王5月号は本日発売!
ぜひGETして活用してくださいね。

最近の投稿

カテゴリー

月別

Twitter

電撃大王新人発掘プロジェクト 電撃大賞 コミック電撃だいおうじ 電撃萌王 電撃だいまおうじ 電撃コミックWEB 電撃屋 電撃メンバーズ会員募集中!コピー商品(非ライセンス商品にご注意ください