連載作品

百花繚乱 戦国乙女 -カラクリ騒動編-

百花繚乱 戦国乙女 -カラクリ騒動編-

原作:平和
脚本構成:白組
ネーム構成:七桃りお
作画:八幡

STORY:あらすじ

時は戦国の世、一騎当千の力を持った美しくも屈強な女性武将――“戦国乙女”たちが互いに覇を競っていた。そんな折、尾張国に招かれた豊後の大名・大友ソウリンは織田ノブナガとの酒宴の場にて、とんでもない約束を交わしてしまい……!?

CHARACTER:登場人物

大友ソウリン

大友ソウリン

新しもの好きな豊後のキリシタン大名。普段はおしとやかで清楚な性格だが、ひとたび自慢の大砲を手にすると性格が一変してしまう。

立花ドウセツ

立花ドウセツ

つい羽目を外しがちなソウリンのお目付け役として、彼女に仕えるカラクリ人形。戦闘においては脚部に仕込まれた刃を武器に立ち回る。